*

ケースの形状について

公開日: : 最終更新日:2015/01/11 機械式時計の基礎知識

時計の基礎知識の続編。
ムーブメントをいれる、ケースの形状についてみていきます。

機械式時計ケースの形状

レクタンギュラー形

長方形で、クラシックデザインに多く見られるケース形状。アールデコの影響で1930年代に登場したタイプ。ジャガールクルトのレベルソが代表的なデザイン。横長タイプもある。

トノー形

樽方とも呼ばることもある通り、丸型と角型を融合させた、丸みのある形状が横から見た樽のようなフォルムをしている。
女性用の腕時計に多く採用さており、1990年代の機械式時計の復活の時期からポピュラーな存在となった。

クッション形

真四角に近い形で、四編に外側に張り出すようなボリュームを持たせ、膨らませたフォルムがクッションのように見えることからつけられら名称。
ケース外側に沿って文字盤が配される場合と、円形に配される場合とがある。

オーバル形

楕円形、という意味で、縦に伸びたタイプと、横に伸びたタイプ両方がある。
緩やかなカーブを描く形状が個性的。縦型の方が主流で、横長のおーばる型は大変珍しい。

IWCのケースの特徴

IWCの時計は、優れたケース製造技術で知られています。
ケースを自社製造している時計メーカーはあまり多くない。

ほとんどの時計メーカーが外注しているなか、
IWCはケースを自社製造することで、他のメーカーと一線を画しています。
IWCケース製造は全てのステップに置いて厳しい品質管理なされ、業界最高の品質を誇っているるのです。。

素材はステンレススティールに加えて、ゴールド、プラチナ、チタニウム素材のケースも見られます。

世界最高水準の品質を確保するために、IWCでは生産現場に「リーン生産方式」を導入。
リーン方式は、元はトヨタ生産方式を。アメリカのMITが研究、体系化・一般化したもので、
トヨタ生産方式の徹底的に無駄を排除した方式のこといいます。。

高効率に「より高品質な製品をより多く生産する」という基本理念をリーン方式で現実のものとしていて、
IWCのケース生産の現場では常に「完璧」が生み出されています。

IWCの腕時計においては、オーバル型が主流で、
トノー型・クッション型はダ・ヴィンチモデルの一部で採用されています。

珍しいトノー型


IWCトノー型の時計
【世界限定1000本】IWC ダ・ヴィンチ クロノグラフ/Ref.IW376403 【新品】

レクタンレギュラーはごく一部、アンティークにみられます。

レクタンギュラー形

レクタンレギュラーはごく一部、アンティークにみられます。
IWCレクタンギュラー型の時計
IWCレクタングル (Rectangle / Ref.–)¥438,000
検索はこちらから

IWCオーバーホール料金

関連記事

機械式の時計は一生もの?

正しいメンテナンスを行えば、機械式の時計や一生使えます。 親から子、子から孫へと受け継いでいく

記事を読む

インデックスの種類

文字盤、インデックスは時計のデザインイメージを決定づける要素になっている。 その種類は対分して以下

記事を読む

愛用の時計を長持ちさせるセルフメンテナンスの極意

自分で、日常でデッキるメンテナンス 愛用の時計を長く使うために、 日常の定期的なメンテナンス

記事を読む

ハンド(時分針)の種類

文字盤の数字をさし、時計を告げくれる、いわゆる「時計の針」部分を、「ハンド」という。 デザインの面

記事を読む

時計各パーツの名称

時計通を目指すなら、覚えるべき、パーツの名称、目的、働きについて把握したいもの。その一歩として、外装

記事を読む

時計のオーバーホールはなぜ行う?

オーバーホールとは 日々のメンテナンスを怠らず、丁寧に扱っていても、機械式時計の制度は時とともに落

記事を読む

ダイヤルの種類

インデックスが配置される、時計の顔ともいえる、ダイヤル。 種類が豊富で製造方法も多種多様。その中か

記事を読む

IWCオーバーホールの参考料金一覧

IWC正規オーバーホールの料金について、価格をリサーチ。表にまとめまし

多分一番わかりやすい IWC正規オーバーホールの内容

IWC正規のオーバーホールの内容は? IWCの正規取扱点によ

no image
機械式時計修理職人の作業風景・使用機器

無料で見積もり、内容を確認してからオーバーホールに出せるからわかりやす

IWCオーバーホールの工房「千年堂」口コミ動画

↑オーバーホールの体験談をまとめた動画です。 1分ほどなので

IWCポートフィーシリーズの名前由来となった港町
ポートフィノ Portfino

ポートフィノのコンセプト 時を超えて魅了する地中海式ライフスタイル

無料で見積もり、後払いでできるオーバーホール【国家資格一級時計師の安心の品質】

無料"0円"で一級時計師のオーバーホール見積もりが取れる安心と

→もっと見る

PAGE TOP ↑